FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…



 女王様 今年もよろしくお願いいたします
あれだけ酷い目に遭わされたのにまだ続けるの
 はい
もっと辛い目に遭うわよ
 覚悟できております
ふーん 本当かしら…そんなこと言っちゃっていいの
 はい
ま いいわ
 有難うございます
じゃ 犬の首輪とリードの鎖を持っといで
 はい
戌年だから初詣に連れてってやる
 う…
覚悟のほどを見せてもらうわね
 ……





綺麗でしょ。そのお花
 はい
大事なお花だから落すんじゃないわよ
 はい
震えてるようだけど大丈夫かしら
 は…はい…
私のお誕生日に彼がくれたの
 えっ…か…れ…
何、私に彼がいたらおかしい?
 い、いいえ…決して…
ばかね…お前の相手だけしてると思ってたの? 
 く…
マゾ豚が生意気に…
 うぅ…
自分の身分が分かってないようねぇ…
 わ…分かっております…


あ、そうそう、言い忘れてたけれど、もうすぐ彼が来るからね
 え…そ…それは…
どうしたの? 恥ずかしいの?
 あぁお許しください…見られるのだけは…どうか…どうか
だめよ。今日からお前は私と彼の奴隷になるんだから
 うぅ…
いやならいいのよ。その代わり恥ずかしい画像をネットで晒してあげるわね…
 あぁ…女王様…それだけは…


さあ、そろそろ彼が来るから玄関でお出迎えしなさい
 う…お花が…
そのまま顔を床に擦り付けて、お尻を上げて這ってお行き。落したら大変なことになるわよ
 あぁ…そんな…
死んだ方がましと思えるほどの鞭を受けたいのなら落せばいいわ…
 う…ぅぅ…


files-(5342-1).jpg



さあ調教時間よ。
今朝は寒くて雪が降ってるし地面は凍ってるみたいね。
でも馬が服を着てたら変でしょ?
 うぅ…
あらら、どうしたの 泣いてるの?
 ……
いい歳した男が裸に四つん這いで毎日々々鞭で追われて走らされて…
そりゃ惨めで辛いわよねぇ。
 くぅ…
でもね、奴隷市で馬用に買ったんだからね。恨むなら売りに出した女王様を恨むことね。
 あぁ…
早く人を乗せて何時間も歩けるようになってもらわないとね。
女王様方にレンタルするつもりなんだから…
 うぅ…
ほらほら…鞭で打たないと外に出られないの?
お尻だけじゃなくて玉も打たれたいのなら動かなくていいのよ。
 ひぃ…
それとね、使い物にならないようなら豚に格下げだからね…




少しお出掛けしますからね
 はい
お掃除、お洗濯その他、言いつけたこと全部やっておきなさい
 はい
帰ってきたら点検しますからね
 はい
あ、それとクリーニングに出したドレスを取りに行ってちょうだい
 はい…あの…この姿で…
その格好で行きなさいな
 うぅ…どうか服を…
その姿じゃ行けないの?
 はい…も、申し訳ございません…
恥ずかしいの?
 はい…
奴隷のくせに
 うぅ…
虫けらなのに
 はい…もうしわ…
もういい、行かなくていいわ!
 あぁ…女王様…
その代わりお仕置きします
 うぅ…
帰ってくるまでに一本鞭と麻縄、手枷と足枷、猿轡を出しておきなさい…そうねぇ…電気鞭もね
 あぁ…
すぐに使えるようにしておくのよ
 うぅ…
分かったの!
 は、はぃ……うぅ…




 本日は御調教有難うございました
うん まあ お前にしては頑張った方なんだろうけどね…
 有難うございます
でも 鞭は全然足らないね
 はい
あと200発くらいはね
 に…にひゃく…
それにトイレのお勤めもちゃんできないと
 はい…
次は全部食べさすからね
 あぁ…
今日みたいに残したらどうなるかことか
 は、はい…
大事なところへのご奉仕も下手糞で気持ちよくない
 申し訳ございません…
もっともっと舌を伸ばさないとだめね
 は、はい…
出来ないことだらけね
 あぁ…
他の奴隷と比べたら最低だからね
 うぅ…
このままだと捨てるよ
 そ…それだけは…女王様…
だったらもっと頑張りなさいね
 はい…
 



女王様は綺麗なランジェリーを纏ったお姿で優雅に腰を下ろされ、私は所々綻びのあるような着古しの女性用下着を着て女王様の後で正座をしています。

 ほら、顔を上げて正面の鏡を見てごらん
  う……
 惨めで情けなくて哀れな姿が映ってるわよ
  あぁ…  
 私とお前の立場の違いがよくわかるでしょ
  はい…
 でもお前が望んだ姿なのよね
  うぅ…

私は少し顔を上げ鏡の中を見ます。あまりに惨めな自分の姿に思わず目を伏せてしまいます。

女王様は冷たい笑みをお浮かべになりながら、女王様と奴隷の立場の違いを、心だけでなく、私の身体に刻み込むため立ち上って鞭を手にされるのです…

 さあ始めるわよ…





いつまでやってんのよ どうなの? 消臭できたの?
 ま、まだ少し…
ああ、そう 私の足の匂いがきついっていうのね
 い、いいえ…けっしてそんな…
早くしなさいよ。まだあるのよ。次は今履いてるこのハイヒール…
 は、はい…
きれいに匂いが取れたらお前の大好きなご褒美を飲ませてやってもいいわ
 あ、ありがとうございます
でも匂いが少しでも残ってたらお前の苦手なあれ……分かってるわよね…
 うぅ…
明日あたりから来そうな○○の世話をさせるから
 あぁ…それだけは…
○○のものをお前の舌で舐めとらせるからね
 あぁ、お許し…
だったら一生懸命匂い取りに励みなさいな
 はい…
言っとくけど、こっちのヒールは今日一日中穿きっぱなしだったからね。大変よ…
 うぅ…女王様…