FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
 その夜の私は酔っていたせいで通常の性行為では役に立たなかったのですが、冗談で奈央子様が素足の爪先でペニスに悪戯したとたんに勃起し始めたのでした。さらに、奈央子様がハイヒールを履いてからヒールの部分でペニスを刺激すると、さらに硬く大きくなったのです。
「ふーん、やっぱりね…」




 奈央子様はそうおっしゃいました。以前から、私が店の女性の脚やハイヒールに見とれていることに女性はみんな気づいていたとのことです。スタッフの女性の間では、
「あいつはMじゃないの…」
「きっとMだよ…」
 といった会話が交わされていたそうです。
 私は店の女性スタッフの顔が浮かんで来て恥ずかしく真赤になっていました。
「今頃恥ずかしがっても遅いわよ。いいじゃない、お店の人にはもう会わないんだから。君、Mなんでしょ」
「……」
「否定しないってことはMなのね」
「は、はい」
 返事をしてしまいました。他人に自分がマゾだと告白したのは初めてでした。酔っていたせいもありましたが、もともと奈央子様にSっぽいところがあると思っていましたし、奈央子様を女王様に見立ててオナニーをしたこともありました。それが実現するかもしれないという思いが心を過ぎったのです。
「そういうことなら、また違った遊び方があるのよ…」
 そうおっしゃって、微笑まれた奈央子様に可愛がっていただいた私は、その夜Mとしての喜びを教えられ奈央子様の虜になりました。奈央子様はSMプレイにも随分なれておられる様子でした。そして、奈央子様から決して離れることが出来なくなり、それ以降、奈央子様からの呼び出しが待ち遠しくてたまらなく思うようになっていったのです。(続く)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomomi0725.blog22.fc2.com/tb.php/4-44b87023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック