FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
 私は部屋の真ん中で床に正座していました。女性達が私の周りを取りか組むように立っておられます。全員体格がよく、身長も奈央子様が一番高いのですが、他の方もそう変りません。
 背の高い女性ばかりで見上げると迫力があります。私は両手をひざに乗せ、恥ずかしさと不安とで身体を小さく折りたたむようにしています。



「久しぶりね」
 実紗子様がおっしゃいました。
「それにしても何て格好してるのよ。レオタードに網タイツ、胸まで詰め物して膨らませているし。よくまあこんな恥ずかしい格好を人に見せられたわねぇ」
「うぅ…」
「まさか私達が入ってくるとは思ってなかったわよね。奈央子も残酷だわ」
「いやね。実紗子が一緒にプレイしたいって言ったんじゃない」
「それはそうだけど、他のみんなも連れておいでって言ったのは奈央子だよ」

「まあ、いいじゃない。それより、こいつやっぱりマゾだったんだけど、仕事中に私達の脚とかミニスカートとかチラチラ見てたじゃない。家に帰ってから思い出してオナってたんだって」
「あぁ、そんな…」
確かに以前のプレイで、煙草の火で責められて何もかもすべて白状したことがありました。
「嘘だっていうの? 私に話したでしょ。踏まれたり顔の上に座られたりするのを想像してオナニーしましたって」
「えー、私達、こいつのおかずに使われてたのね。気持ち悪い…」
「やっぱり変態だったんだ…」
「私達が帰った後、ロッカーとか開けてたんじゃないの。制服の匂いとかクンクンしたり…」
「こんな格好して喜んでいるんだから、私達の制服を勝手に着てたかも知れないわねぇ…」
「ゴミ箱にすてたパンストとか盗んでたに違いないよ、こいつ…」 
みなさん、最低ね、馬鹿じゃないとか変態よねとか、口々に私を罵られます。
「ところで、お前、実紗子は別として、他のみんなの名前ちゃんと憶えてるの?」
 奈央子様がお尋ねになりました。
「はい。憶えてます」

 店を辞めて4ヶ月が経っていますが、さっき奈央子様にばらされたように、お顔や脚を思い浮かべてオナニーをしていた女性ばかりですからお名前は憶えていました。
 実紗子様以外に後から来られたのは、村上亜美様、奥田千尋様、吉川香里様、南怜奈様でした。亜美様は一番お若いはずで確か22歳くらい、丸顔の女子大生のような可愛い感じの方です。千尋様は目が大きくハーフのような顔立ちをされていますが、どこか残酷そうな印象があります。香里様は奈央子様と同じくらいの背が高くスリムで、モデルでもやっていけそうな方です。怜奈様も背が高く170cmくらい美人系ですが冷たそうな方です。みなさん同じように髪を茶色にカラーリングし派手目のメイクをされています。(続く)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomomi0725.blog22.fc2.com/tb.php/20-c9045322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック