FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
DSC00404.jpg

 大変ご無沙汰しております。

 長期にわたり放置状態のこんなブログでも、一日に4,5百人の方がご訪問下さり感謝とともに申し訳ない思いです。

 ここ半年間程プレイから遠ざかっていました。理由はいろいろあるのですが、お馴染みの二人の女王様(クラブは別々)が退店もしくは長期休暇というのが大きかったです。

 お一人は行こうかなと思って電話をすると、

「お辞めになりました」
「……(絶句)」

 もうお一人はホームページに

「長期休暇中で連絡待ちです」
「なんと…」

 というような具合で、

 昔なら、「じゃ別の女王様を」と新規開拓に乗り出していたと思うのですが、ちょっと気持ちが萎えてしまって、歳のせいか気分も盛り上がらず、ずるずると来てしまいました。

 お二人とも長いお付合いでした。ショックがないといえば嘘になります。休暇中の女王様もこのまま辞めてしまわれるかも知れないとか考えると、もうクラブへ行くこともなくなるかな、などと思ってました。

 でも、最近になって長期休暇中の女王様が復帰されたのを知ったとたんに「プレイしたいクラブ行きたい病」が急速に悪化?して、クラブへ飛んで行ってしまいました。

 お辞めになった女王様とは会えないのは残念で辛いのですが、プレイ後はすっきりして、まぁ現金なものです…。というか、女王様から元気をもらってるような気がしてきました。事実そうです…。

 私の方も休養明けでプレイ復活ということで、ブログの更新もやっていこう(ぼちぼちですが)かなと思ってます。

 復帰後のプレイのことはまたの機会に書こうと思ってますが、今回はお辞めになった方の女王様とのプレイをちょっと思い出してみました。思い出すというか、プレイ画像の整理をしていて懐かしくなって、公開しとこうかな…みたいな感じです。
 
 注:「血」の嫌いな方はこの先へは進まない方がいいかも知れません。


 お辞めになったのはA女王様です。

 美しくて高貴な感じで残酷…、私にとっては女王様らしい女王様でした。初プレイは偶然で、初めて行ったあるクラブのお目当ての女王様に予約が入っていて代わりに紹介されたのがA女王様でした。

080816-04.jpg
 そのクラブをお辞めになって別のクラブで復帰。再開したときのことも以前ブログに書いてます。それ以来ずっとプレイを続けてきました。ただ、出勤日の関係もあって、年に2~3回しかプレイできませんでした。でも、8年近く(少々ブランクもありますが)の長い間のお付合いでしたから、そこそこのプレイ回数です。そのすべてが印象に残ってます。


 A女王様とのプレイはブログにも何度も書いてきました。プレイ中の画像も載せてきました。でも、生々しくて載せるのを躊躇した画像も幾つかあります。多くが流血画像…です。

 SMが好きでもそれは嫌だという方も多いかとは思います。流血するようなプレイはNGという女王様もおられるくらいです。私も決して好きだというわけでもないのですが、プレイの流れでそうなるのなら、それはそれで結構興奮したりしてます。

 血が滲むまで鞭で打たれたり、身体中の洗濯ばさみを鞭で払い落とされて出血したりなんていうのはまだ軽い方です。出血、流血のメインはやはり針だと思います。

 A女王様も針が大好きでした(元来、鞭やビンタや蹴りやら拷問系苦痛系のプレイがお好みなので…その後の優しいフォローもちゃんとあります)。袋から注射針を取り出されるときの嬉しそうな顔や、これから刺そうとする場所をアルコールで消毒されるときの冷たい目、これ見よがしに目の前で針をキラキラさせるときの残酷な表情は、私を本当に怯えさせ興奮させました。

 針のプレイはほとんど出血を伴います。そもそも針プレイなんて出来ないと思っていた私に始めて針を刺して下さったのもA女王様でした。

「お前なら出来る」
「一度経験してごらん。怖くないから」


 と私を宥め賺したり

「言うとおりにできないの?」
「痛いわよ。でも罰だからね」
「もっと辛い目に遭わせてやってもいいのよ」


 と怖がらせたりして、結局刺されてしまいました。初めての針は睾丸の袋に一本だけでした。経験したことのない痛さに絶叫したのを憶えています。針を抜いたときに少量の出血がありました。

 それ以降プレイのたびに刺されました。本数も場所も刺さる深さも、そして痛みも女王様の残酷さも出血の量もエスカレートして行きました。

 A女王様はいつも仰いました。

「針を取り出すところをよく見てなさい」

 針を見せつけて怖がらすことも目的の一つかも知れませんが、密封された袋から取り出したばかりの清潔な針だから安心しなさいねという意味が込められてます。こんなところもA女王様の素敵なところでした。
 
 そして、忘れられないのは以前に書いたことがありますが、「お許し下さいと叫んだ数だけペニスに針を刺すからね」と言われたプレイです。

 折檻をされ、鞭もビンタも「お許し下さい」と絶叫しないと止めてもらえません。針を刺されるのが怖くて必死に耐えますが辛くて堪えきれず、泣き声でお許しを請わざるを得ないのです。そしてそれは後から刺される針の数を増やすだけ…。救いようのない地獄でした。

 結局、7回の「お許し下さい」でペニスの茎に7本刺され、その針の痛さを我慢できず「お許し下さい」と叫んでしまい、さらにもう一本。それは亀頭に垂直に刺されました。

080816-03.jpg

「刺す場所はここしか残ってないわね」

 私の亀頭を、A女王様の親指と人差指が搾り出すように摘まんだ時の恐怖と、Mとして心の奥底で何かが蠢くような、ぞくぞくする昂ぶりは忘れられません。

 当時のブログでは針が刺さった画像(フィルターかけてますけど)をお見せしました。亀頭からは注射針の空洞を伝って僅かに出血していました。

 ここからはその後のことです。

「さぁ針を抜くからね。抜くときも痛いわよ」
「あぁ…お許し下さい…」
「じゃぁこのままにしておくの?」
「うぅ」
「私は別にかまわないのよ」

 散々怖がらされて針が抜かれて行きました。針が皮膚の中を通り抜けていく気持ち悪さはありましたが、痛みはあまり感じませんでした。ペニスの茎の部分の出血はさほどありませんでした。

 7本抜かれて、

「最後は亀頭の針ね。抜くところ見てなさい」
「あぁ…怖いです」

 A女王様にっこり微笑んで、

「ゆっくり抜いてあげるわね。ゆっくりね…」
「じ…女王様…」

 1cm程度刺さった亀頭の針がすーっと抜かれた途端にピュッといった感じで血が流れ出しました。直ぐに腹部の上に血だまりが出来ました。私にとってはものすごく出血したと思いました。

 女王様は、

「お前、あまり血が出ないね。体質かしら。噴き出すように血が出る子もいるのにねぇ…」
「……」
「私は面白くないけどね」
「うぅ…」
「私が見たいのはおチンチンから流れる血なの。白い濁った汁なんか出さなくていいのよ」
「あぁ、女王様…」
「ま、プレイとしては出血の少ないほうが楽なんだけど」

 8本の針を刺されてから抜かれるまでの間、身体を硬直させて耐えていたので、すべての針が抜かれたあと脱力してぐったりとなってしまいました。でも、血だらけのペニスは萎えることを知りません。硬く大きく脈動していました。

「ほんとにマゾよね、お前」
「はい…」
「でも、よく頑張ったね」

 A女王様の手がペニスに伸びます。

 優しい愛撫が繰り返されます。女王様の手は、血で汚れることなどお構いなしにペニスを握って巧みに上下します。強く弱く優しくきつく…。出血はいつしか止まってました。そして、女王様は私の横に身体を横たえ、私の上半身に覆いかぶさるようにされると、私の乳首を強く噛まれました。

「あぁ…痛…」
「まだ逝ったらだめ」

 乳首を何度も噛まれます。噛まれながら女王様の手は止まりません。
 乳首の痛み…、ペニスへの刺激…、女王様との密着…、女王様の体温…、息づかい…、ささやく声…、髪の匂い…

 針の痛みは消え去って興奮だけが残っています。下腹部の奥のほうから快感から沸きあがってきます。

「あぁ、女王様、もう…」
「逝く?」
「はい」
「お持ち帰りにしない?」
「うぅ…」

 意地悪な言葉とはうらはらに女王様の愛撫が続きます。

「我慢できない?」
「あぁ…もう…」
「逝きなさい」
「あぅ…A女王様…」

080816-02.jpg
 逝ってしまいました…

「見てごらん。綺麗よ」

 真っ赤な血の中に私の放ったものが白く浮かんでいました。

「お前、今日は本当に頑張ったね」

 女王様はもう一度そう仰って、ペニスの血を指ですくうと私の唇に塗られました。ルージュのように…
080816-01.jpg

「動かないでね。写真撮ってあげるから」

 心地よい疲れと満足感でいっぱいでした。

 もうこんなプレイは出来ないのかと思うと寂しい気持ちです。

----------------------------------------------------------------------

 よく掲示板とかで、女王様の復帰を心底願った書き込みを見かけます。以前は、辞められたんだから仕方ないのにとか思ってましたが、その気持ちも分からなくもないなと…。
 だからといって掲示板に書き込んだりしませんけどね。でも、復帰して欲しいです…。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
(。∂。∂。)オヒサ♪
 この展開と、鬼畜な焦らし振り・・・
確かにtomomiさんが忘れられないのも分かります。
ドキドキ待たせて怖がらせる時も
実際に酷く痛めつけている最中も
きっと、うんっと楽しまれてらっしゃったんでしょうね♪
2008/08/18(月) 02:45 | URL | さやか #DS51.JUo[ 編集]
さやか様
どうもです。
何と言うか、波長が合ったと言うかフィーリングが合ったと言うか、ツボにはまったと言うか分かりませんが、プレイが終わると頭の中が真っ白になれました。
ま、向こうはプロの女王様なんで合わせて下さってただけかも知れませんが、私には女王様も楽しんでられたように思うのです。
2008/08/18(月) 08:52 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/26(火) 22:38 | | #[ 編集]
↑管理人のみ閲覧さんへ
私も驚きました。
こちらこそよろしくお願いします。
2008/08/28(木) 00:02 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
tomomiさん
上の「管理人のみ閲覧」です。
A女王様がお辞めになったので、先日同じクラブで別の女王様にプレイをお願いしました。
アルバムで選ぶのに、ドキドキしましたよ。
2008/08/28(木) 23:48 | URL | 敬 #-[ 編集]
敬さん
私も行こうかな…
で、どなたとプレイされました?
さしつかえない程度で(非公開モードでも)教えてください。
ほんと初めての方とはドキドキしますね。
2008/08/30(土) 01:39 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/31(日) 00:10 | | #[ 編集]
お久しぶりです^^
更新を楽しみにしてました。♪

どの日記も全て臨場感に溢れてて、とても素晴らしいと思います。
過去のページも、よく何度も拝見してます。

相変わらず愛媛には、SMクラブは一軒もありません。
ハードなお仕置きマニアのMとしては寂しいかぎりです^^;。
2008/08/31(日) 00:19 | URL | kan #-[ 編集]
喪失感、同感、同情
はじめてお邪魔します。
素晴らしい女王様でしたね。同じような経験あります。心の中で大切な思い出にしましょう。
それにしても、ペニス針は萌えます。いろいろな要素があり、大好きなプレイの一つです。女性の立場からはどうなんでしょうか。
2008/09/02(火) 21:17 | URL | cbt-dog #110ru34.[ 編集]
管理人のみ閲覧さん
 相性がよくて長く続く関係になればいいですね。

Kanさん
 ご無沙汰です。ぼちぼちと更新していきます。クラブ派として大阪では困ったことになってます。

cbt-dogさん
 初めまして。怖くて痛くて逃げ出したいのに逃げられない…そんなプレイが好きです。女性様も楽しんでおられればいいのですが
2008/09/03(水) 13:51 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
すごいですね
ドキドキしながら読ませていただきました。
きっと達成感を感じられたでしょうね。

私は今のところ流血プレイは怖くてやりたいとは思いませんが、
本当に崇拝する女性に導かれたら、ことによると・・・
と思わせられました。
2008/09/16(火) 19:55 | URL | ゴミムシ #yLURW2oE[ 編集]
ゴミムシさんへ
ご無沙汰です。
ほんと、導かれるって感じですね。限界まで連れて行かれ、「もう少し先まで行ってみましょうか。出来るでしょ…」みたいなプレイがお得意でした。
2008/09/17(水) 01:13 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/25(土) 00:05 | | #[ 編集]
↑管理人のみ閲覧さんへ
そのようで嬉しい限りです。
あの8月末の事件以来、クラブ通いもご無沙汰ですが心はウズウズしてますので、そろそろ活動開始しようかなと思ってます。
2008/10/26(日) 09:49 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/27(火) 02:11 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する