FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
「縛るよ」
「はい、奈央子様」
 奈央子様はどこで覚えられたのか、結構鮮やかな手付きで私を縛っていかれます。普段は麻縄をお使いですが、今夜は綿ロープでした。数分間で私は後手に縛られ上半身は身動きが取れなくなっていました。




 そのままベッドに寝転ぶように言われ、膝を曲げた姿勢で下半身を縛られてしまいました。胡坐をかいた姿勢のまま縛られ仰向きに倒れたような状態です。足の方向から見られると、ペニスもアナルも丸見え状態の無防備ですごく恥ずかしい姿です。

 奈央子様の爪での刺激が始まります。形よく伸ばされ奇麗にマニキュアされた指先が、私のペニス、睾丸、アナルとその周りを柔らかく撫でます。時おり乳首に片手を伸ばされ、乳首を摘んだり軽く捻ったりされるので、あまりの快感に声が出ます。
「あぁ…、奈央子様…」

 缶ビールを落とした厳しい罰が待っていることは分かっているのですが、気持ちのよさに我を忘れそうになっていました。
「気持ちいい?」
「はい、奈央子様」
「でも、いつまでも続かないわよ」

 そうおっしゃってペニスへの刺激をお止めになりました。その代わり乳首を親指と人差指の爪で摘まみ力を込められます。
「厳しくして欲しいって言ったんだものね。お望みどおりうんと辛くて、うんと恥ずかしい目にあわせてあげるわね」
「よ、よろしくお願いいたします」
 どんな目に会わされるのか分からない不安と恐怖とともに、マゾとしての気持ちの昂りを隠せませんでした。 (続く)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomomi0725.blog22.fc2.com/tb.php/11-b466df92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック