FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…

 ふと頭に浮かんできて、
「えー、あれ何だっけ?」
 ていう疑問がずっと解決しないまま、今にいたってることが幾つかあるんですが、その中でSM関係のものが一つあります。


 ずいぶん昔に、こんな会話が出てくる小説を読んだ記憶があります。

「お前、今度、プレイ用の靴を買って来てよ」
「靴…ですか」
「そう、聞こえなかった」
「い、いえ。あ、あの、サイズは…」
「私の足を舐めて掃除する時に計ればいいでしょ」
「は、はい。形はどのような…」
「蹴った時にお前が悲鳴を上げるように爪先の尖ったやつね」
「は、はい。ヒールは…」
「お前の尻に突き刺さるくらい鋭くて細く高いヒールよ」
「は、はい。い、色はいかがいたしましょう…」
「血が着いても目立たないように真っ赤な靴がいいわね」
「わ、わかりました」

 多少脚色されてるかもしれませんが会話の流れはこんな感じです。

 資産家の家庭にお手伝いさんとして入った18歳くらいの女の子が、その家の男共を奴隷にしていくみたいな話です。SM雑誌とかじゃなくて普通の書棚に並んでました。10代の頃に読んで衝撃を受けた憶えがあります。

 何て小説だったか、誰かご存知ありませんか?
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
はじめまして、楽しく拝見させてもらってます。おそらく『美男奴隷』だと思います、著者は梶山季之。かなり古い作品ですが、私も衝撃を受けました。彼の作品はマゾ、フェチ関連が多かったのでよく読みました。
2006/10/25(水) 20:43 | URL | koma #-[ 編集]
komaさん
有難うございます。積年の疑問が氷解しました。
「美男奴隷 梶山」でググったところ間違いありませんでした。主人公が中里千絵という名前だったことまで分かって、大感謝です。
2006/10/26(木) 20:29 | URL | tomomi@ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/27(金) 00:19 | | #[ 編集]
虐めちゃおう
 さやかもググってみました。
「痛快娯楽小説」って、書いてありましたよ。
実のところ出版された
M男性の小説って、ほとんど読んでいないので
今度チャレンジしてみたいです。
2006/10/27(金) 02:45 | URL | さやか #DS51.JUo[ 編集]
さやか様
たいてい全部絶版です。とほほ…です。
2006/10/27(金) 21:51 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
手に入り難くなってはいますが、古本屋ではまだ梶山季之はそこそこ流通してるんじゃないでしょうか?図書館にある場合もあります。『男を飼う 鞭と奴隷の章』『男を飼う 蛇と刺青の章』はタイトルの期待を裏切りませんし、『苦い旋律』もよかったような記憶があります。作品中数ページしかないものもあります。梶山を見つけたら‘ハイヒール’などの目に付き易いキーワードを設定してパラパラ立ち読みされればと思います。 
2006/10/27(金) 23:55 | URL | koma #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/30(月) 07:17 | | #[ 編集]
あいさつ回り中・・・♪
しばらく、更新してなかったけど・・・。
帰ってきたんで・・・♪
男性受けかぁ~~~。
ウチのエロ小説に・・・少しはあるよ♪
よければどうぞぉ~~。
2006/10/31(火) 15:45 | URL | かなみ@管理人 #-[ 編集]
かなみ様
どうもご無沙汰です。
相変わらずMをやってますので、よろしくです。
2006/11/02(木) 01:02 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
奴隷修行中!!のタケです!緊急事態です。なにやらgooブログはアダルト内容はダメらしくストレスが溜まるのでまたFC2ブログにて復活させていただきました!URLはhttp://tkiikanji.blog82.fc2.com/でございます。何回もすいません!
2006/11/03(金) 14:05 | URL | タケ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomomi0725.blog22.fc2.com/tb.php/104-9c11a543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック