FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…

 責められ、打たれ、蹴られ…のプレイにも、ちょっとトッピングがあると新鮮だったりします。ストーリープレイとかもトッピングの類かもしれませんが,そんな大層な設定はなくてもいいです。

 以下のようなプレイもいいのではないかと…、ノリのいい女王様ならきっとやって下さいます(と思います)。


-----------------------------------------------------------------

 お相手の女王様とちょこっと打ち合わせみたいなことをやって、その中で、女王様にはお手持の何か(パンストとかバイブとか、何でもいいんですが、とりあえず今回はパンストということにします…)を、部屋の何処かに隠していただくようにお願いしておきます。
 女王様が隠される前に、私は部屋の外に出て呼ばれるのを待ちます。裸で廊下に出ているのはちょっと恥かしいですがほんの短い時間なので…。
 勿論、私にはパンストがどこに隠されたのか分かりません。

 隠し終わられた女王様に声を掛けていただいてプレイの開始です。

「お入り」

 私はドアを開き四つん這いで部屋の中に進み、ソファに腰を下ろされた女王様の前で土下座します。
 女王様は鞭を片手にお怒りのご様子です。(女王様に芝居気があるとより楽しくプレイ出来ます。勿論、芝居気はこっち側にも必要なんですけど。こういうのはノリとなりきりで…)

「片づけておけって言った私のパンスト、一足たりないんだけど」
「えっ…」
「お前が片づけたんだよね」
「は、はい」
「まさか盗んでオカズに使ったんじゃないよね」
「そんな、ちゃんと片づけました」
「じゃ、何で足りないのよ」
「ほ、本当です。全部片づけました」
「私が嘘を言ってるって言うの」
「い、いえ決してそんなことは…」

 女王様は立ち上がって鞭を手にされます

「いいわ。お尻を突き出して鞭打ちのポーズをとりなさい」
「あぁ、お許し下さい」
「お前の身体にきく」
「お許し…」
「さっさとする!」
「はい」

 四つん這いのまま向こう向きにになり、頭を床に着けるとお尻を高く上げて女王様に差し出します

「パンスト盗んだよね」
「い、いいえ」
「正直に言うなら今のうちだよ」
「盗んでません。本当です」
「ふーん」

 鞭がお尻に炸裂します。何十発か打たれてお尻が真赤に染まり出す頃

「正直に言ったらどう」
「あぁ、ぬ、盗みました。申し訳ありません」

 (プレイはこういう方向へ流れていきます…)

「やっぱりねぇ。こっち向いてごらん」
「はい」

 女王様の方を向いた途端に連続ビンタが何度も両頬を往復します。頬が熱く熱を持ったようになるまでビンタは続きます。

「どこに隠したの? 正直に言ったら許してあげるわよ」
「……」

 (隠したのは女王様ですから私には分かりませんが…)

「まだまだビンタが足りないようね」
「あぁ、お許し下さい」
「じゃ、どこにあるのか言いなさい」 
「ソファのクッションの下…です」

 (女王様が隠されそうな場所を言います)

「そんなところに隠していたのか」

 女王様はクッションを持ち上げられます。残念ながらパンストはありませんでした。再びビンタが往復で飛んできます。

「どういうこと?」
「あぁ、申し訳ございません」
「お前、ふざけてるの?」
「い、いいえ」
「もう一回だけチャンスをあげる。今度嘘を言ったらこんな程度じゃすまないわよ」
「お、お許し下さい」
「どこにあるの? 私のパンスト」

(その次にありそうな場所を考えに考えて)

「バ、バスルームです。申し訳ありません。バスルームに隠しました」
「ふーん、バスルームだって? 嘘じゃないね、本当なんだね」
「は、はい」

 (女王様の表情からすると、またハズレのような…)

「一緒においで」

 女王様に首輪を掴まれ、引きずられるようにバスルームへ行きます。バスルームのドアが開かれると、悲しいかな、そこにあるのはバスタオルとボディソープだけ。女王様はわざとバスタオルを持ち上げて探す振りをしたりされます。
 
「ないわね」

 女王様は意地悪そうな表情で私の方を向かれます。
 私はもう一度首輪を掴まれ、さっきの三倍くらいの力で引きずられると、部屋の真ん中に戻され、突き飛ばされます。
 女王様は床に寝転がってしまった私の肩をハイヒールで強く踏まれ、私は痛みに悲鳴を上げます。さらに女王様は私の顔をヒールで踏みにじりながら、
 
「どういうことかな、説明してもらおうか」 
「あぁ、も一回だけお願いします。こ、今度は本当のことを言います」
「じゃどこよ」
「そこのロッカーです。ロッカーの中に隠しました」

 (いちかばちかで思いついた場所を答えます)
 
 女王様がお開けになったロッカーの中は空っぽでした。

「あぁ」
「パンスト盗んで隠し通そうなんて、お前、いい度胸してるわねぇ」
「……」
「吊らないとだめなようね」
「あぁ、お許し下さい」
「吊って、ペニスに電気流しながら、一本鞭で打ってあげるわね。そうしたら正直になれるよね」
「うぅ…」
「それとも隠し場所をちゃんと言うまで、おチンチンに針を刺していこうか」


 こんな感じでパンストが発見されるまでお仕置というか拷問というか責めが延々と続いていきます。どこかで隠し場所を的中させないとえらいことになってしまいそうですが。

 もしも最初に隠し場所が的中したらどうなるかというと、女王様の持ち物を盗んだことがどれだけ重罪か分からせてやるとか、盗んだものを何に使ったか白状せよとか、お仕置や拷問が続いていくので同じことです。

-----------------------------------------------------------------
 
「で、こんなプレイをしたことあるのか?」

 とのご質問があるとしたら、答えは、

 「あります」です。

 その時はパンスト(新品袋入り)の隠し場所は最後まで当たりませんでした。広いとは言えない部屋で隠せる場所なんて限られてるのに…。その結果プレイは大変厳しいものとなりました。

 パンストの隠し場所ですか?



 冷蔵庫の中でした…

スポンサーサイト
[PR]

060801-01.jpg

「鞭だけで逝くマゾだっているのよ」

 A女王様は針も好きですが鞭も大好きです。本当にお好きなのは鞭の方かも知れません。何種類もの鞭を持っておられて、打たれる前に選ばされることは以前に書きました。

「鞭で打たれて、泣いて、叫んで、許しを請いながら、ペニスが勃起してる子はたくさんいるの」

 私もそうです。

 縛られて吊られて鞭を受けながらもペニスは勃起してます。打たれる前からそうじゃないの…というツッコミもありそうですが、一旦萎えていたような状態でも、鞭打ちが始まるとむくむくと頭をもたげ出すことがよくあります。

 どなたかがこんな風なことを仰ってました。(しんのすけさんでしたっけ?)

『鞭は痛い、痛いものはMでも痛い。痛みに興奮するのではなくて女性に鞭一本で支配されていることに興奮する…』

 まさにその通りで、痛いし辛いし終って欲しいと願う…でも止めていただけず、乗馬鞭や一本鞭の威力で、女王様と奴隷の立場の圧倒的な違いを叩き込まれ、支配されていくことに興奮し勃起してしまいます。

「お前を吊るして一本鞭で打つでしょ。お前は泣きそうになりながら勃起させてる。でも、そこまでなのね」

「ペニスはピンピンで先っぽから涎をタラタラ流してるけど、そのまま打ち続けても射精は出来ないよね」

 仰るように、打たれ続けて興奮が最高潮に達しても、多分そのまま逝くことはないように思います。射精直前までは行けても、やはり最後にはペニスへの直接的な刺激がないと逝けません。 

「あるマゾの子は鞭で打たれて勃起させて、お前と同じで、すぐにお許し下さいって言うけど、そのまま打ち続けてると鞭酔いみたいな状態になってね…」

「…呻き声も小さくなってきて、言葉が全く出なくなって、気を失うのかなと思うくらいの時に、身体を震わせて大きな声出して逝ってしまうの」


 A女王様のことですからそのM男さんの限界をよく分かっていてされているに違いないのですが、150発、200発、もっとかも…、きっと凄まじい鞭の連打なのだと思います。
 言葉が出なくなるまで打たれ続けた経験もあるにはありますが、背中やお尻全体に火傷したような、ちょんと触られるだけで飛び上がりそうな状態でした。思い出すだけでも恐ろしいです。でも、それで逝ってしまえるというのは凄い話で大きな快感があるのかも知れません。

「別に最後に射精してくれなくてもいいんだけどね。そこまでやったら逝くまで打って上げないと可哀相でしょ」

 で、私に聞かれます。

「お前も最後は逝きたい方よね。お持ち帰りは嫌だったよね」

 SMプレイに必ず射精が伴なうとは思ってませんが、やはりプレイの最後には逝きたいし逝かされたいです。ストレスやら欲望やら、何もかも発散して帰りたいです。女王様に見下ろされ、笑われ、惨めな姿で射精することもMの喜びの一つだと思います。

「今度さ、片手だけ自由にして吊って上げるから、自分でしごいて、行く寸前になったら手を止めて報告しなさいよ」

「そうしたら、最後の一擦りの代りに、私がペニスを乗馬鞭で思いっきり打ってあげる。これなら逝けるんじゃない?」


 あぁもう逝く…って思った瞬間、鞭がペニスに炸裂して、痛みに大声を上げながら射精してしまう姿を想像しました。

 力一杯振り下ろされた乗馬鞭がヒットしてペニスは大きく上下に揺れる。その瞬間、先端から白い液体が弧を描いて…、そして、女王様の高笑いと奴隷の惨めな姿…

「次の調教はそうしようね。いつか鞭だけで逝ける身体にしてあげるから」

 って言われてからA女王様とお会いできてません。

 平日それも週一回のご出勤は少ないです。何とか土日のどちらか2時間くらいでもいいですからご出勤していただけませんか。

 奴隷のお前が女王様に合わせろって…そうですよね。すみませんでした。