FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…

 もう一つ、さるぐつわの話

 声を上げられなくする、喋れなくする、許しを請えなくするのが猿轡の目的の大きな部分だとしたら、口に詰め物をするとかギャグを噛ますこと以外にも方法があります。簡単な方法で…



 A女王様とのプレイ
--------------------------------
 A女王様はソファに腰を掛け、私はその前で正座して両手を床に着いています。A女王様は片方のハイヒールを脱いで私の前にポンと投げられます。

「咥えて」
「はい」
「涎や歯型なんか付けたら酷い目にあわすから」
「はい」

 私は上下の唇を口の中に折り込むようにして、ハイヒールのサイドの部分を咥えました。こうすると歯形は付きません。数秒前まで女王様がお履きになっていたハイヒールを咥えることが出来てけっこう興奮しました。ハイヒールの中の香りが鼻腔をくすぐります。
 そんなに重いハイヒールではありませんが、直接歯で咥えるのと比べたら、この咥え方は歯が両唇の内側に食い込んで痛くなってきます。でも、大事なハイヒールを落としてしまうわけにいかず力を入れざるを得ません。

「えらい、えらい、上手く咥えたね」

 A女王様は笑顔です。

「じゃ、そのまま回れ右」

 私はその場で犬のように四つん這いのままターンして、女王様にお尻を向けます。何かが私のお尻をスーッと撫でました。直ぐに乗馬鞭だと気がつき、これから何をされるかも分かりました。

「ヒールを落としたら承知しないから」
「…」(全く話せません)
「分かったの?」
「…」(頷きます)

 軽く一発、乗馬鞭が右の尻に振り下ろされました。思わず身体全体に力が入ります。まだ我慢できる痛さです。そのあと何発か打たれました。痛みに絶えようとして筋肉に力を込めると、当然歯にも力が入って唇の内側に食い込みます。
 鞭の打ち方が横に振り払うような感じに変わり、右から左から休む間もなく何発も何発も連続で尻に炸裂します。この打ち方は振り下ろされるよりもかなり痛いです。

 考えてみると(その時はそんな余裕ありませんが)、口にハイヒールを咥えさせられた状態は、ボールギャグやタオルの猿轡と違って、口での呼吸が全く出来ないのです。普通の猿轡の方が遥かに楽だと思いました。
 痛みと鼻呼吸の辛さに、「あぁ、もうダメだ」となりそうなタイミングで鞭が止まりました。助かりました。

「よく落とさなかったね。えらいね」

 私は頷きます。鼻での呼吸も荒く肩が上下しています。
 女王様の手が後ろから股間に伸びてきて、私のペニスと睾丸を弄って刺激します。ハイヒールを落とさなかったご褒美でしょうか。でも、気持ちよくて落としてしまいそうになります。

「私が針好きなの知ってるよね」
「…」(頷きます)
「ヒールを落としたらおチンチンに針…がいいかな」

 針が好きなのはよく知ってます。以前も書きました。ペニスに7本、亀頭に1本刺されたのもA女王様です。

 女王様の手が巧みに動いてペニスは硬く大きくなっています。鞭も辛いですが、快感で声を出したいのに出せないのも辛いです。思わず身悶えしてしまいました。
 突然、女王様の手による刺激が止まります。このまま続けられていたら、逝ってしまいそうだったのでほっとしました。
 
 暫し沈黙の時間がありました。

 お許しが出るのを待ちながら、四つん這いのままハイヒールを咥えて落とさないように必死です。唇の内側に血が滲んでるんじゃないかなとか思うくらいでした。
 A女王様の無言状態がちょっと不安になって、ハイヒールを咥えたまま、怒られるかなと思いつつ、そろそろと後ろを振り向きました。
 そこには乗馬鞭を短めの一本鞭に持ち替えて意地悪そうに微笑むA女王様の姿が…

「終ったと思ってたの? 甘かったねぇ…」
-------------------------------------------------------------
 これ以降は、さるぐつわの話から離れていきますから、またいずれかの機会に…

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]