FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
プレイのワンシーン(R女王様):「蝋燭」

 先日、久しぶりにクラブでプレイをしてきました。いつも相手して下さるお馴染のR女王様です。ちょっと刺激的というか辛いというか初めての経験をしてきました。

 蝋燭なんですが、
 今までに、普通に身体に垂らされる、ペニスに垂らされる、チン拓を採られる、舌に垂らされる…等々の経験があります。
 プレイ用の蝋燭であっても垂らされる高さによって熱さもかなり変ってきます。R女王様は容赦なく(と言っても、火傷のこととかは考えておられますが)直ぐ近くから垂らされて、私が熱がるのを楽しまれるのがいつもです。
ろうそく01
 仰向けに寝転ぶように言われ,R女王様が私の太腿の上にどかんとお座りになります。

「さぁ、我慢できるかな?」

 と蝋燭をペニスに近づけてこられました。
 
 両足の上に座られているだけでなく、両手を頭の後ろで縛られているので逃げられません。
 テンションも上っている中ですし、過去にも亀頭に垂らされたり、チン拓を採られたりしていますから、辛いとは言えど何とか耐えられると思っていました。
 でも、甘かったです。今回は違いました。

 R女王様は勃起した私のペニスの先の穴、尿道孔を2本の指でぐっと開かれるのです。

「穴の中に垂らすからね。熱いよ、すごく」
 
 これを聞いた時はテンションがいくら上ってるとは言え、

「そ、そんな…」
 
 って感じでした。

 でも、脅しだけでなく本当に垂らされました。
 亀頭への蝋燭でも物凄く熱くて叫び続けなのに、これはもっと熱かったです。ペニスの中心を貫くような熱さでした。

 ポトポトと垂らしては、ペニスを揉みしだいて、尿道孔の中に垂れた蝋を搾り出し、穴を押し広げてまた垂らす…これの繰り返しです。
 お許し下さいの連続でした。何回垂らされたか分かりませんが、最後の仕上げに亀頭全体を蝋で覆われてしまいました。

「こうしとけば我慢汁で床を汚さないでしょ」

 R女王様、とても残酷です。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!