FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
プレイのワンシーン(N女王様) : 「我慢汁」

 N女王様は、今では私がよく行くようになったクラブに、初めて行った時にプレイをした女王様です。身長は160cm弱で奴隷を圧倒するような感じではありませんが、女性らしい御体形の方です。今でも在籍されていますが、最近はちょっと別の女王様とプレイしてましてご無沙汰しています。(N女王様,すみません…)

 プレイ時間も半ばを超えテンションも上っている頃
 私はルームの壁に設置されたX字型の磔台に縛りつけられています。女王様は私の両足と左手を磔台に固定されただけで、何故か右手はそのまま縛ろうとはされません。
そして、乗馬鞭の先でペニスを突付いたり摩ったりされます。ペニスは既に固く大きく勃起していて、乗馬鞭が触れるたびに我慢汁が滲み出てきます。

「すごい我慢汁だこと」
「あぁ…」
「このままだと床まで垂れそうね」
「…」
「汚い汁でお部屋を汚す気なの?」
「申し訳ございません」

 ここで一発ビンタが来ます。シーン01

「申し訳ございませんじゃないわよ! どうするつもりなの」
「うぅ…」
「あーあ、もう溢れて床に垂れそう。絨毯、汚したら酷い目に合わすよ!」
「あぁ…」
「何のために右手が自由になってると思うの」
「は、はい」

 私は右手の人指し指でペニスの先の我慢汁を拭います。

「その手どうするの?」

 私は迷います。

「どうするの? 身体でなんか拭かないでよ」

 迷った挙句、私は指先についた我慢汁を舌で舐め取ります。

「あははは、こいつ自分の我慢汁舐めてるよ」
 
 惨めさにMとしてのテンションが上ります。

「おいしい?」
「は、はい…。おいしい…です」
「惨めねぇ…」

 女王様はこれをさせたかったために、右手を縛りつけなかったようです。その後、右手も磔台に固定されてプレイは続いていくのでした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]