FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…



 本日は御調教有難うございました
うん まあ お前にしては頑張った方なんだろうけどね…
 有難うございます
でも 鞭は全然足らないね
 はい
あと200発くらいはね
 に…にひゃく…
それにトイレのお勤めもちゃんできないと
 はい…
次は全部食べさすからね
 あぁ…
今日みたいに残したらどうなるかことか
 は、はい…
大事なところへのご奉仕も下手糞で気持ちよくない
 申し訳ございません…
もっともっと舌を伸ばさないとだめね
 は、はい…
出来ないことだらけね
 あぁ…
他の奴隷と比べたら最低だからね
 うぅ…
このままだと捨てるよ
 そ…それだけは…女王様…
だったらもっと頑張りなさいね
 はい…
 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]




女王様は綺麗なランジェリーを纏ったお姿で優雅に腰を下ろされ、私は所々綻びのあるような着古しの女性用下着を着て女王様の後で正座をしています。

 ほら、顔を上げて正面の鏡を見てごらん
  う……
 惨めで情けなくて哀れな姿が映ってるわよ
  あぁ…  
 私とお前の立場の違いがよくわかるでしょ
  はい…
 でもお前が望んだ姿なのよね
  うぅ…

私は少し顔を上げ鏡の中を見ます。あまりに惨めな自分の姿に思わず目を伏せてしまいます。

女王様は冷たい笑みをお浮かべになりながら、女王様と奴隷の立場の違いを、心だけでなく、私の身体に刻み込むため立ち上って鞭を手にされるのです…

 さあ始めるわよ…





いつまでやってんのよ どうなの? 消臭できたの?
 ま、まだ少し…
ああ、そう 私の足の匂いがきついっていうのね
 い、いいえ…けっしてそんな…
早くしなさいよ。まだあるのよ。次は今履いてるこのハイヒール…
 は、はい…
きれいに匂いが取れたらお前の大好きなご褒美を飲ませてやってもいいわ
 あ、ありがとうございます
でも匂いが少しでも残ってたらお前の苦手なあれ……分かってるわよね…
 うぅ…
明日あたりから来そうな○○の世話をさせるから
 あぁ…それだけは…
○○のものをお前の舌で舐めとらせるからね
 あぁ、お許し…
だったら一生懸命匂い取りに励みなさいな
 はい…
言っとくけど、こっちのヒールは今日一日中穿きっぱなしだったからね。大変よ…
 うぅ…女王様…




パンスト…
ショーツ…
オフィス履きのパンプス…
キャミソール…
女子の更衣室で何してたの?

おまけに裸で…
毎日一人で残業してるから怪しいと思ったのよねぇ
朝来ると私物の位置が何か微妙に変わってるのよ
気付いてないと思ってたんじゃない

防犯ベル押そうか……
 あぁ…それは…
あぁそれは…って、勝手なこと言うんじゃないわよ
 もう二度としません…どうか見逃して下さい…
あはは…二度としませんって、今日で何度目なのよ
 ……
何しようとしてたの?
 ……
言わないなら通報…
 あぁ…オ…オナニー…を…
やっぱりねぇ
匂い嗅いだり自分で穿いたりしてするんだ
 うぅ…
じゃ、やってごらん
 え…
今ここで!
 …
見逃して欲しいんでしょ
 はい…
だったら言う通りにしなさい
 はい…
動画撮ってあげるわね
 あぁ…
またやったらネットに…
 あぁ許して下さい
さっさと始めなさい
 は…はぃ…
ばらされたくなかったら私達の言うことは何でもきくのよ
 はい…
あら、お前、何で勃起してんのよ
 うぅ…
こんな目に遭って興奮してるんだ
 あぁ…
そうか…お前、マゾなのね。だったら、これからはたっぷり楽しませてもらえそうねぇ…
 ………



転落物にありがちですが、過去にも何度か登場している好きなシチュエーションです…
ご興味があればこちらもどうぞ。






お出掛け用の下着出しておいて
 はい…お色は?
黒ね
 はい
彼がね、下着は黒に限るって…
 あ…
何…何か文句あるの?
 い、いいえ…
私が彼と楽しむのが気に入らないの?
 そ、そんな…
奴隷のくせに生意気じゃない……そうだ!…ついて来る?…一緒にお出で
 い、いいえ…それは…
私と彼とのミックスジュース飲ませてあげる
 ……
結合部をペロペロしてもらおうかなぁ…
 あぁ…女王様…どうか…
バカね…嘘にきまってるでしょ。楽しいデートにどうしてお前なんかを連れて行かなきゃなんないのよ
 うぅ…
出掛けてる間にバスルームきれいに洗っておくのよ
 はい
ちゃんとできてたら私の汚れた下着でオナニーさせてあげるわね
 う……
あら、お礼が聞こえないわねぇ
 あ、ありがとうございます…ありがとうございます…ありがとうございます………





先週 奈穂子 失敗したんだって?
 はい…
お前の球を打っちゃったって言ってたわ
 うぅ…そうです
痛かったでしょ
 は、はい…まだ少し…
でも 彼女 ドラコン取れなくて怒ってたわよ お前のせいだって
 そんな…
どう 怖い?
 はい…こ、怖い…です
ふふふ 私 失敗しないので…かな…
 はい…どうか…あぁ…お許し…

動くな!

 は、はい…

行くよ    あっ…

 あぅ! 痛っっっっ……!

お前がティーを勃起させておかないからこうなるのよ…バカねぇ
 あぁ…女王様ぁぁ……
ま 勃起しててもショートティーだけどね…あはは 




何震えてるの…私の腕を疑ってるの?
 いいえ…そ、そんな
じゃ、じっとしてなさいよ
 うぅ…
ドラコン狙って思いっきり打つからね
 あぁ…女王様…
お前、動いたら大変なことになるわよ
 どうか…お許し…
うるさいわねぇ
 じ…女王様…た…たすけて…助けて下さい…
私の腕を信じなさい

 うっ 痛っー!!

あら! 違うボールを打っちゃった…あはは…