FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
【散歩】 

 散歩とは、気分転換や健康のため、あるいは好奇心から、または特に目的地を設けずに歩く行為である。散策ともいう。

 ふつう散歩と聞くとイメージとして

Walking01.jpg  とか

walking03.jpg  とか を思い浮かべるでしょう。

でも、あらぬ方向のことを頭に浮かべてしまう私がいます。

 「お散歩しましょう」  「散歩に行くよ」  「お出かけしよか」 … 

 と、プレイ中に女王様がおっしゃると、

 「あぁ…そんな…」

 という思いと、恥ずかしい目に遭わされることへのマゾとしての昂ぶりを感じてしまいます。 

 「散歩・お出かけ」…全裸や女性下着を着けさせられた惨めな姿で部屋から出されたり、マンションの中を連れまわされたりすることを意味します。ま、一種の露出プレイです。ルームがあった良き時代の話で、マンション一棟全部がクラブなればこそのプレイです。

 クラブ「Y」へ通いはじめた頃(それはもう20年くらい前ですが)、受付を済ませて指定された部屋へ向かう途中、部屋の前で正座させられたM男性を見て驚いたことがあります。

 全裸で後手に縛られた男性は閉められたドアの前で、中へ入れて下さいと何度も繰り返し、部屋の中にいると思われる女王様に哀願していました。その時私は、男性を直視できず、そそくさとプレイルームに入っていきました。でも、しばらく通ったのちには、同じような目にあわされて情けなくもこれ以上ないくらいに興奮してしまう自分がいたのでした。

 さすがに私も建物の外へ連れ出される勇気も根性もありませんが、そのマンション内なら女王様とマゾ男性しかいない特殊な空間なので可能でした。顔マスクを着用し、首輪を嵌めリードを引かれ廊下へ連れ出されます。躊躇しようものなら尻を蹴られ鞭で打たれ泣きながら部屋から引きずり出されることになります。

 エレベーターに乗せられて3階、4階、5,6階と引き回され、プレイに向かわれる女王様に笑われたりからかわれたり…途中ドアが半開きになっているルームがあると、新たな展開が待っているのですが、それはまたの機会に…

 以前、お散歩プレイの一種を書いたことがありますが、今となっては再現不可能です。懐かしいとともに残念な気がします。

 もちろんすべて了解のもとで行われるプレイで、女王様が事前に聞いて下さいます。正直に「出来ません」と言えばそんなことはされません。でも、「やってみたいけれど一歩踏み出せないのか」、「本当に嫌なのか」、を見極められるかは女王様の力量次第でしょう。


プレイ・プレイバック

sanpo001.jpg 「Y」の今はなきマンションの3階…
 
 「半頭マスク」「タオルの猿轡」「赤い首輪」「鎖のリード」「亀甲縛り」「後ろ手錠」「女性用ショーツ」「ピンクのガーターストッキング」「足枷」「アナルにバイブ」  

 フル装備であそこを晒した恥ずかしい姿…

 「今日は一人で行っといで…」
 「そ、そんな…お許しくだ……」

 女王様は私をエレベーターに放置すると6階のボタンを押して部屋に戻っていかれます。

 やがて扉が閉まりエレベーターが上昇していきます。後ろ手錠のため自分でボタンンが押せません。女王様が下でボタンを押して下さらない限り部屋には戻って来られないのです。


散歩関係の妄想です

filter001-(3904).jpg
「誰か通りがからないかしらねぇ。その姿見てもらいたいでしょ…」


filter001-(3835).jpg
「晴菜女王様、膝が…膝が痛くて…」
「あら、犬が、あっ豚か…人間の言葉を話してる…」


filter001-(3947).jpg
「何、お前、発情期なの? 恥ずかしい。小さくしないと置いていくよ」


 繰り返しになりますが、私は屋外に連れ出される勇気も根性もありません。でも、着衣ではありますが首輪とリードで天満の商店街を女王様に連れまわされた猛者がいたらしいです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/08(金) 07:11 | | #[ 編集]
Re:  I さん
コメントありがとうございます。

あのマンションの入口は異空間への入口でもありました。一歩中に踏みこむとそこは淫靡な世界が待っていました。

ブログで「今は亡きマンションの…」と書いてしまいましたが、マンションそのものはその後改装され存在しています。そこでは普通の生活が繰り広げられていることと思います。
2016/04/08(金) 12:34 | URL | tomomi@M #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する