FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
tomomi@M 
  
 このブログを始めてもう10年近くになりました。
 40代だった私も五十路に入り、日々の生活も随分と変わりつつあります。ここ数年は仕事が忙しくて、あまり休みもとれませんでした。最近になってようやく余裕が出てきた状態です。
 ただ、性的嗜好はそう変わることなく相変わらずです。でも以前のようにクラブに通いリアルに嗜好を満足させることはなくなってます。ご贔屓の女王様は今も元気にご活躍中ですし、ネットを拝見してちょっと会いたくなったりしますが、いざとなると腰が重くて…これも年のせいなのでしょうか。
 まあ、ブログの方はちょこちょこ更新を始めていこうと思ってます。しばらく暇そうなので…


以下はブログ開始当初の「はじめに」の内容です。初心を忘れないよう残しておこうかな…と


 とうとう40代に突入しました。関西在住の男性です。クラブ経験しかありませんが、プレイ回数は結構あります。鞭、ビンタ、踏付け、吊り、針、煙草、蝋燭、そして屈辱的な扱い…、美しい女性から徹底的に陵辱されるようなプレイが好きなくせに、すぐにお許し下さいを連発するへタレMです。

 私にとってSMの世界は、目の前に横たわる深く果てのない流れに似ています。深みに足を取られ、ずるずると沈み込んでいくことが分かっていながら、何かに誘われ抗えずに足を踏み入れてしまうのです。

 クラブも幾つか渡り歩き、多くの女王様と出会いました。でも、最近は浮気性も治まって、相手をしていただく方もお二人ほどに落ち着いてきました。

 多くの方々が、ウェブの世界でSM嗜好の体験や物語を書いておられます。読ませていただくと心がウズウズして、すぐにクラブへ飛んで行きたくなります。私も、戯言、思いつき、妄想の類に過ぎませんが、ウェブで一種のカミングアウトをしてみたくなりました。

 お時間のある方はお付合い下さい。

 一応、18禁なので、そこのところもあわせて、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!



終わったの?
 -はい
終わったらどう言うんだった?
 -女王様、ハイヒール様を磨き終わりましたので御点検ください
一度で覚えなさいね
 -はい、申し訳ございません
こっち持っといで
 -はい
どれどれ……ねぇ、磨き残しや汚れがあったらどうなるんだった?
 -お…お尻の皮が剥けるまで乗馬鞭で打たれます
それが分かってて磨いたんだから綺麗になってるはずよねぇ
 -は…はい
あら、底に汚れが残ってるわよ
 -うぅ、それは何度お磨きしても…
綺麗にならなかったの?
 -はい
あーそうなの、私が汚れたところを歩いたせいなのね
 -そ…そんな…
ふん、さっさとお尻をこっち向けなさい
 -じ…女王様
お前、靴磨きもまともに出来ないのね
 -あぁ…女王様、鞭はお許し……あっ痛っー!



「どう?」

「とてもお似合いです…女王様」

「そう、じゃこのドレスでオークションに行くことにするわ」

「オークション…」

「来週の奴隷オークションよ」

「…」

「あれ、言ってなかった? お前はそこで売られるの」

「そ…そんな…」

「もう飽きちゃったの…次はもっと若い奴隷いいわねぇ」

「あぁ…どうか…」

「お前、文句を言える分際じゃないわよ!」

「うぅ…じょ…女王様ぁぁ…」

「あはは…バカ奴隷が泣いてるよ…」




 「女王'S」があったマンション  一見4階建ですが、実は奥が深くて11階建です…


 夢楽園以外に私が通い詰めていたクラブがあります。十三にあった「女王'S」です。今から10年以上前の話です。ここも専用のプレールームを持っていました。

 夢楽園のようにマンション一棟すべてがクラブとまではいきませんが、ワンフロアが(確か9階の4部屋すべてだったと思います)プレイ用でした。他のフロアには風俗系の店が借りていると思える部屋もありました。

 プレイ当日に確認の電話を入れると当該マンションのプレイ用の部屋番号を指定されます。その部屋に直接入ると受付の女性が待っていて、料金を払いプレイの希望を聞かれ、シャワーを浴びて女王様をお待ちする感じでした。

 夢楽園よりは少々広めの部屋だったと記憶していますが、裸になって玄関先で額を床につけ女王様をお待ちする時間を、その高揚感と不安とが綯交ぜになった時間を今でも思い出します。

 お相手はだいたい亜紀女王様、ルイ女王様、真女王様、蓮女王様だったかと…何度も何度もプレイした亜紀様は数年のブランクの後、最近別クラブで復帰されご活躍です。怖いルイ様も御健在です。

「女王'S」も夢楽園に少し遅れてホテル派遣型に形態を変えました。「女王'S」そのものは今はなく、所属の女王様を見ると、現在の「クラブ女王」と「クラブドミナ」に分かれていったのかなと思われます。

「女王'S」のあったマンションは有名進学校と国道を挟んだところにあって、プレイ帰りに帰宅途上の生徒達と出くわすと、彼等は、こんな近くに背徳のディープな世界があることを知っているのかしらと思ったものでした。

 それにしても、受付の女性に希望プレイを聞かれて答えることの恥ずかしさといったら…

 「女王様にお伝えすることはありますか?」

 「鞭で打たれて、ハイヒールを舐めさせられて、便器代わりに使われ、大事なところにご奉仕させていただいて、フィニシュするところ見ていただいて、自分の出したものを舐めるように命令されたいです…」

 などと言えるわけもなく、私はいつもお手紙を書いていって、これを渡してくださいって……あはは

files-(5168).jpg



落さないでね
お気に入りのヒールなのよ
ずいぶん高かったんだからね

床に落して傷なんか付けたら大変なことになるよ

それと
この新しい鞭
お前のお尻で打ち心地を試したいんだけど
ヒール落さずにいられるかしらね

あれ
どうしたの
震えてるよ 泣いてるの?

でも
何をさせてもまともにできないお前が悪いのよ
靴置きくらいしか役に立たないでしょ…




また来たの…よく続くわねぇ

身体中鞭痕だらけになって
泣いて 叫んで 打たれた数をかぞえさせられて
逃げようとしてまた打たれ…

でも
それがお前の喜びなのよね
打たれてる間 ずっと大きいままだものね

今夜は容赦なしって約束だったよね
どうなっちゃうかな

あそうそう、途中で逃げて帰ってもいいのよ
連れ戻したりしないから

でもそんなことしたら
もうここには二度と来られなくなるわねぇ…

はい じゃ そこに四つん這い…

「あぁ…女王様 よろしくお願いいたします…」




 こんな目に遭うだけなのに
 毎週々々よく来るわね

 今夜は何百発打たれたかしら… 
 もうお許しくださいって哀れな声で泣くくせに
 一週間たったら
 またお願いしますだなんて…

 でもお前みたいなのが何人もいるから
 私も毎日楽しいんだけどね

 今夜はおしまい また来週ね
 もっと重くて辛い鞭を用意しておいてあげるから
 楽しみにしてらっしゃい
 あっ、そのぶん調教料もアップするけれどね…あはは

 「うぅぅ… ありがとうございました…女王様…」