fc2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
tomomi@M 
  
 このブログを始めてもう10年以上になりました。
 四十代だった私も五十路に入り、日々の生活も随分と変わりつつあります。ここ数年は仕事が忙しくて、あまり休みもとれませんでした。最近になってようやく余裕が出てきた状態です。
 ただ、性的嗜好はそう変わることなく相変わらずです。でも以前のようにクラブに通いリアルに嗜好を満足させることはなくなってます。ご贔屓の女王様は今も元気にご活躍中ですし、ネットを拝見してちょっと会いたくなったりしますが、いざとなると腰が重くて…これも年のせいなのでしょうか。
 まあ、ブログの方はちょこちょこ更新を始めていこうと思ってます。しばらく暇そうなので…


以下はブログ開始当初の「はじめに」の内容です。初心を忘れないよう残しておこうかな…と


 とうとう40代に突入しました。関西在住の男性です。クラブ経験しかありませんが、プレイ回数は結構あります。鞭、ビンタ、踏付け、吊り、針、煙草、蝋燭、そして屈辱的な扱い…、美しい女性から徹底的に陵辱されるようなプレイが好きなくせに、すぐにお許し下さいを連発するへタレMです。

 私にとってSMの世界は、目の前に横たわる深く果てのない流れに似ています。深みに足を取られ、ずるずると沈み込んでいくことが分かっていながら、何かに誘われ抗えずに足を踏み入れてしまうのです。

 クラブも幾つか渡り歩き、多くの女王様と出会いました。でも、最近は浮気性も治まって、相手をしていただく方もお二人ほどに落ち着いてきました。

 多くの方々が、ウェブの世界でSM嗜好の体験や物語を書いておられます。読ませていただくと心がウズウズして、すぐにクラブへ飛んで行きたくなります。私も、戯言、思いつき、妄想の類に過ぎませんが、ウェブで一種のカミングアウトをしてみたくなりました。

 お時間のある方はお付合い下さい。

 一応、18禁なので、そこのところもあわせて、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
[PR]




お前、昨日も粗相が多かったね
 も…申し訳ございません
高いお金を払って競り落としたのにこれじゃねぇ…
 あぁ…
このままじゃ、また売り飛ばすしかないわね
 そ…それだけは…
ま、もう少し我慢して使ってやるけど…
 有難うございます…有難うございます…

じゃ用を足すから、そのあとにお取替えをしてもらおうか
 は…はい
経験はあるの?
 初めてです…
ふーん大丈夫かしらね。また粗相するんじゃないの
 うぅ…
私の下着汚したりしたら承知しないよ
 は…はい
失敗したら使用済みのやつを口に突っ込むからね
 あぁ…御主人様…
最後のチャンスだと思ってがんばりなさい
 は…はい…




お前、次に来るときに靴を買ってきてくれる
 靴を…
うん、このカタログに印を着けておくから…
 はい…
ルブタンのハイヒール、色違いで2足ね
 に…2足…
なあに、どうしたの?
 あの…お…お値段はいかほどに…
金額次第では買って来れないってこと?
 い…いいえそんなことは決して…

えーっと、そうね、二つ合わせて30万ちょっとかしら
 さ…さ…さんじゅう…まんえん…
あら別にいいのよ、買ってこないんだったらもう来なくていいから
 うぅ…
靴でも服でも値段は関係なしに買ってくる奴は他にいっぱいいるからね
 あぁ…買ってまいります
お約束できる?
 はい、必ず買ってまいります。お約束します
ほんとだね?
 はい

よし、じゃ舌を出して舐めていいよ
 あぁ…有難うございます…女王様…有難うございます…




私が何の本を読んでるか分かる?
 いいえ
奴隷を飼っている女性の話なの
 はい
その奴隷は何をさせても粗相ばかりするの
 はい
御奉仕も下手で御主人様を満足させられなかったり…
 
お仕置きされても大声で泣いて暴れて逃げ出そうとしたり…
 は…はい
困った女性はどうしたと思う?
 わ…分かりません
お友達に同じ趣味の外科医の女性がいたんだって…
 はい
奴隷をだまして睡眠薬を飲ませて眠ってる間に…
 は…はい
その女医さんに処置を頼んだんだって
 しょ…処…置…
そう
 ど…どんな…
まずね、逃げ出せないように脚の腱に細工してもらって…
 
膝で歩くか四つん這い歩きかしか出来ないようにして…
 
次に声帯にも細工して泣き声と呻き声しか出ないようにしてもらったんだって
 そ…そんなことを…
まあフィクションだと思うけど…


ところで、お前、最近粗相が多いよね
 うぅ…
もともと御奉仕は下手だったけど
 は…はい…
それにお仕置きすると大きな声で「お許し下さい」ばかりだものね
 
もういつものお仕置きじゃ効き目もなさそうよね
 
時々お見えになる○恵様って知ってるでしょ
 はい
あの方お医者様なのよ。外科の…
 そ…そうでしたか…あぁ…


あ、そのコップの水飲んでもいいわよ
 
今日は何も飲ましてやってないからノド乾いてるでしょ
 
いつもの犬用のお椀じゃないけどね…
 
変な薬なんか溶けてないわよ
 
私を信用してるなら飲めるよね
 うぅ…
お飲み!
 は…はい
ふふふ…飲んじゃったわねぇ
 …… …


さて、そろそろ○恵様がお見えになる頃かしらね… 
 ご…御主人…様…






紫の下着を出しておけって言ったよね
 は…はい…
これなに
 え…
これ何色?
 むら…さ…き……です
何だってもう一度言ってごらん
 …む…ら……
私にはみずいろに見えるけど…
 うぅ…
何色だって?
 む…むら……にみ…え…ま…うぅ…み…みず…いろです…私が…まちがい…ました…
だよね
 は…はい…
ふん、使えない奴隷だねぇ 
 あぁ…
言いつけ通りに出来なかった奴隷はどうなるんだった?
 ば…罰をうけます…
そうね
 うぅ…
シャワーを浴びていくから、それまで懲罰部屋で土下座して待ってなさい
 あぁ…はい…
自分で口枷を嵌めて、鞭は…そうだね…一本鞭、乗馬鞭、丈鞭の三種類用意しておくんだよ
 は…はい…うぅ…



色ってみんな同じように見えてるんでしょうかね
白であっても女王様が黒とおっしゃればそれは黒なのですが…


 



「そのままこっちまで這ってお出で」
 はい…
「ワインボトル落とすんじゃないよ」
 はい…うぅ…
「そのボトル一本でお前のような奴隷を10匹は競り落とせる値打ちがあるんだからね」
 は…はい…
「飲み終わったらお前のお尻を二人でたっぷり可愛がってあげるから…」
 うぅ…あ…ありがとう…ございます…
「嬉しくなさそうね」
 い…いいえ…よ…よろしく…お願いいたします
「処女でもないくせに…」
 うぅ…


「あらら 見て見て ボトルが揺れてるよ」
「ほんとだ お前 落したら承知しないよ」

 あっ! 女王様 あぁ…ボ…ボトルが……あぁ…

「お前何やってるのよ!!」
「これはいつものような手緩いお仕置きじゃ済まないわねぇ…」

 うぅ…





どうしてお仕置きされたのか分かってるよね
 はい…
言ってごらん
 お洗濯の時に大切なストッキングに傷をつけたからです
下着はわざわざ手洗いさせてるのに…
 申し訳ございません
お仕置きされて反省した?
 はい…もう二度と…
鞭痕はどう? 皮が剥けちゃったわね
 す…少し…ヒリヒリします
血も滲んでるし…
 
消毒しておこうか
 うぅ…
いやなの?
 い…いいえ…お…お願い…します…
じゃ、ありがたい消毒液を身体中に浴びせてあげるから傷口によく擦り込むのよ
 ひぃ……あぁ…ありがとう…ございます…
滲みちゃったらごめんね
 うぅ…