FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
tomomi@M 
  
 このブログを始めてもう10年以上になりました。
 四十代だった私も五十路に入り、日々の生活も随分と変わりつつあります。ここ数年は仕事が忙しくて、あまり休みもとれませんでした。最近になってようやく余裕が出てきた状態です。
 ただ、性的嗜好はそう変わることなく相変わらずです。でも以前のようにクラブに通いリアルに嗜好を満足させることはなくなってます。ご贔屓の女王様は今も元気にご活躍中ですし、ネットを拝見してちょっと会いたくなったりしますが、いざとなると腰が重くて…これも年のせいなのでしょうか。
 まあ、ブログの方はちょこちょこ更新を始めていこうと思ってます。しばらく暇そうなので…


以下はブログ開始当初の「はじめに」の内容です。初心を忘れないよう残しておこうかな…と


 とうとう40代に突入しました。関西在住の男性です。クラブ経験しかありませんが、プレイ回数は結構あります。鞭、ビンタ、踏付け、吊り、針、煙草、蝋燭、そして屈辱的な扱い…、美しい女性から徹底的に陵辱されるようなプレイが好きなくせに、すぐにお許し下さいを連発するへタレMです。

 私にとってSMの世界は、目の前に横たわる深く果てのない流れに似ています。深みに足を取られ、ずるずると沈み込んでいくことが分かっていながら、何かに誘われ抗えずに足を踏み入れてしまうのです。

 クラブも幾つか渡り歩き、多くの女王様と出会いました。でも、最近は浮気性も治まって、相手をしていただく方もお二人ほどに落ち着いてきました。

 多くの方々が、ウェブの世界でSM嗜好の体験や物語を書いておられます。読ませていただくと心がウズウズして、すぐにクラブへ飛んで行きたくなります。私も、戯言、思いつき、妄想の類に過ぎませんが、ウェブで一種のカミングアウトをしてみたくなりました。

 お時間のある方はお付合い下さい。

 一応、18禁なので、そこのところもあわせて、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]




 あぁ…女王様…痛…

W.M あら、脚拭きマットがなんか痛いとか言ってるよ
K.M マットのくせに喋るんだ。じゃ私 頭を踏んづけちゃおう
S.N 私は思いっきり飛び降りちゃおうかしら

 うぅ…

W.M お買い物が済んで私達が戻ってくるまでその姿勢で待ってるのよ

 はい…

K.M 帰るとき、リアバンバーとこいつのあそこをロープで繋いで走らそうか
S.N いいわねぇ。面白そう
K.M ちぎれたら困るから必死で走るよ、こいつ
W.M ちぎれたってかまわないわよ。どうせ何の役にも立たないんだから

 あぁ…女王様…お許しを…





そんな所で何震えてるの。さっさと来なさい!
 女王様…どうか
早くこの懲罰ルームに入るのよ
 お慈悲を…
馬鹿ね、返品奴隷にお慈悲なんてありえないわよ
 うぅ…女王様…どうか
ふん、飼い主の奥様をあれだけ怒らして返品なんて…
 どうか…その部屋だけは…
怖いわよねぇ。この中からいつも凄い悲鳴が聞こえてるものね
 ……
お前、調教した私にも大恥をかかせたのよ
 申し訳ございません…
そう思うなら懲罰に耐えなさいな
 うぅ…は…はい
耐えられたら調教しなおしてやるよ
 あぁ…女王様…
今度はトイレの汚物入れが務まるよう鍛えてやるよ…
 ひいぃ…




お水、お前も飲んでいいんだよ
 う…
あぁそうか。マスクしてたら飲めないわね
 
それに口の中に私の汚れた下着を詰め込んであるしね
 うぅ…
お部屋に帰ったらいいものを飲ましてやるよ
 うぅ…
お散歩でお腹も減ったでしょ
 
私自家製の餌もあげるからね
 ううぅ……
あら、どうしたの首ふって…嫌そうねぇ
 
ちゃんと完食してよね 残したら辛い辛いお仕置きが待ってるわよ





奴隷になったら私の大事なところに御奉仕できると思ってたんだ…
 うぅ…
脚やあそこやお尻を舐められると思ってたのよね
 
おバカさんねぇ。私に何匹の奴隷がいるか知ってるの?
 
お前はその中でも最下級の奴隷だよ。御奉仕なんて百年早いわよ
 うぅ…
お前の手や舌が直接私の身体に触れるなんてありえないの
 
考えただけでぞっとするわよ
 あぁ…
こうしてヒールで踏んでもらえるだけでありがたいと思いなさい
 はい…
お前の身体でヒールの底がもっと汚くなりそうだわ
 申し訳ございません……
もう一度自分の身分を思い知らせてやる必要がありそうねぇ
 うぅ…
鞭で可愛がってやるから、その汚い尻を高く上げなさい
 あぁ…女王様…




私、赤のハイヒールって言ったよね
 え…確か青いヒールを出すよう…
何だって?
 青いドレスにするからヒールも青に…
聞こえない。も一度言ってごらん
 
言ってごらん!
 あ…赤いヒール…を…
そうよね
 は…はい…私が…
お前が間違ったのよね
 はい…私が…間違いました
じゃ、さっさと赤いハイヒールを取ってきなさいよ
 はい
あ、それとお前今、口答えしたよね
 うぅ…
一本鞭と猿轡も持っておいで
 あぁ…女王様…
さっさと行け、バカ奴隷!




どう?
 つ…辛いです…
ふん、何が辛いです…よ。まだ30分も経ってないわよ
 あぁ…
今からたっぷり鞭で可愛がってやるよ
 うぅぅ…
粗相ばかりして、お前には口で言っても分からないからね
 じ…女王様…もう二度と…
その台詞は聞き飽きたわよ
 どうかお許し…
お前ね、辛いとか言いながら何で大きくなってるの?
 ……
すぐに小さくしたら鞭は軽くしてやる
 うぅ…
ほら、早く小さくしてごらん
 ……
早く、早く
 で…出来ません…
あはは、小さくなるどころか、どんどん大きくなってるじゃない
 くぅぅ…
今夜のお仕置きは朝までだねぇ。覚悟しなさいよ
 あぁ…