FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tomomi@M 
  
 このブログを始めてもう10年近くになりました。
 40代だった私も五十路に入り、日々の生活も随分と変わりつつあります。ここ数年は仕事が忙しくて、あまり休みもとれませんでした。最近になってようやく余裕が出てきた状態です。
 ただ、性的嗜好はそう変わることなく相変わらずです。でも以前のようにクラブに通いリアルに嗜好を満足させることはなくなってます。ご贔屓の女王様は今も元気にご活躍中ですし、ネットを拝見してちょっと会いたくなったりしますが、いざとなると腰が重くて…これも年のせいなのでしょうか。
 まあ、ブログの方はちょこちょこ更新を始めていこうと思ってます。しばらく暇そうなので…


以下はブログ開始当初の「はじめに」の内容です。初心を忘れないよう残しておこうかな…と


 とうとう40代に突入しました。関西在住の男性です。クラブ経験しかありませんが、プレイ回数は結構あります。鞭、ビンタ、踏付け、吊り、針、煙草、蝋燭、そして屈辱的な扱い…、美しい女性から徹底的に陵辱されるようなプレイが好きなくせに、すぐにお許し下さいを連発するへタレMです。

 私にとってSMの世界は、目の前に横たわる深く果てのない流れに似ています。深みに足を取られ、ずるずると沈み込んでいくことが分かっていながら、何かに誘われ抗えずに足を踏み入れてしまうのです。

 クラブも幾つか渡り歩き、多くの女王様と出会いました。でも、最近は浮気性も治まって、相手をしていただく方もお二人ほどに落ち着いてきました。

 多くの方々が、ウェブの世界でSM嗜好の体験や物語を書いておられます。読ませていただくと心がウズウズして、すぐにクラブへ飛んで行きたくなります。私も、戯言、思いつき、妄想の類に過ぎませんが、ウェブで一種のカミングアウトをしてみたくなりました。

 お時間のある方はお付合い下さい。

 一応、18禁なので、そこのところもあわせて、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
【つがい (番い) 】

1 二つのものが組み合わさって一組みになること。また、そのもの。対。
2 動物の雄と雌の一組み。「犬を―で飼う」

「つがい」なんて言葉は死語に近いかも知れませんね。まあ「カップル」とか「ペア」と言えばいいのでしょうか…

長くクラブ通いを続けてきましたが、やってみたくてというか、されてみたくて、未だ実現できていないものがあります。

[つがい]の続きを読む
【惨め】
 見ていられないほどあわれなこと。また,そのさま。
  「-な思いをする」
  「見るも-な姿」
【辱め(る)】
 恥をかかせる。恥辱を与える。
 「みんなの前で-められた」
【情けない】
 みじめである。見るにしのびない。
 「ずぶぬれの-い姿」
【哀れ】
 かわいそうな状態。無惨な姿。
 「-をとどめる」
 
 女王様にご調教いただいている時、マゾとして「惨めで情けなく、辱められ哀れ」な姿に興奮します。他にも「怖い」「辛い」「痛い」「熱い」「気持ちいい」とか沢山ありますが、先の4つが欠かせません。
 
[四要素]の続きを読む
 子供の頃からジーンズ(当時はジーパンという言い方しかなかったような…?)になじんで、現在に至っています。

 中学も高校も制服がなかったもので通学もジーンズがほとんどでした。今の仕事もほぼジーンズ姿で問題ありませんし、商談があってもジャケット(まれにスラックスも)を羽織る程度で済ませてます(というか済んでしまう)。
 なので、スーツが必要になったら、大慌てで着られるか履けるか試してクリーニング店に走ります。

 街中でもジーンズ姿の人を多く見かけますが、やはり女性に目が行ってしまいます。背が高くてスタイルの良い女性が、スリムでスキニーなジーンズを身に着けておられれば、すれ違った時にふり返りたくなりますし、脚や腰の形がはっきりわかるようなジーンズ姿だと後をついて行きたくなってしまいます。

[ジーンズ]の続きを読む
【散歩】 

 散歩とは、気分転換や健康のため、あるいは好奇心から、または特に目的地を設けずに歩く行為である。散策ともいう。

 ふつう散歩と聞くとイメージとして

Walking01.jpg  とか

walking03.jpg  とか を思い浮かべるでしょう。

でも、あらぬ方向のことを頭に浮かべてしまう私がいます。

[散歩]の続きを読む
 日本の喫煙人口は20%を切っているらしいです。成人男女が10人いても、煙草を吸う人は二人もいないということになります。街角でも灰皿を目にすることが少なくなりました。

 私自身は25年ほど前に煙草をやめてます。当時スポーツを続けていたのですが持久力に衰えを感じだして、お酒とか煙草とか良くないなと思って、でもお酒はやめられないし…ということで煙草をやめました。だから(というのか分かりませんが)そばで誰かが煙草を吸っていても全然気になりません。むしろ、一服してほっこりしているのを見ると、その気持ち分かる分かる…という感じです。

 女性で煙草を吸われる方は男性より少ないとは思いますが、

smoke01.jpg  smoke02.jpg
 
 煙草を優雅に燻らせておられる女性はとても魅力的です。

 でも、これが女王様だったりすると…
[煙草]の続きを読む
【烙印】
 鉄製の印を焼いて物に押しあてること。また、その跡。刑罰として、罪人の額などに行った。

【烙印を押される】
 ぬぐい去ることのできない汚名を受ける。また、周囲からそういうものとして決めつけられる。

【焼印(やきいん 英: brand ブランド)】
 高温に熱した金具(焼きごて)を用いて、木製品、食品、動物・ヒトの皮膚などに印を付けることである。烙印(らくいん)ともいう。

 いずれもWEB辞書からですけれど、「烙印」という言葉が 「奴隷の証」とか「奴隷の印」とかの言葉に結びついて、心の中でモアモアと沸き起こるものを感じます。

 女王様の手によって身体に二度と消えることのない跡を付けられる。
 そんなことをしたら取り返しのつかないことになるかも知れないのに…、いつ捨てられるかも分からないのに…

[烙印]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。