FC2ブログ
Mであること以外は普通の男です。読物、体験談、戯言の類を徒然なるままに…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tomomi@M 
  
 このブログを始めてもう10年近くになりました。
 40代だった私も五十路に入り、日々の生活も随分と変わりつつあります。ここ数年は仕事が忙しくて、あまり休みもとれませんでした。最近になってようやく余裕が出てきた状態です。
 ただ、性的嗜好はそう変わることなく相変わらずです。でも以前のようにクラブに通いリアルに嗜好を満足させることはなくなってます。ご贔屓の女王様は今も元気にご活躍中ですし、ネットを拝見してちょっと会いたくなったりしますが、いざとなると腰が重くて…これも年のせいなのでしょうか。
 まあ、ブログの方はちょこちょこ更新を始めていこうと思ってます。しばらく暇そうなので…


以下はブログ開始当初の「はじめに」の内容です。初心を忘れないよう残しておこうかな…と


 とうとう40代に突入しました。関西在住の男性です。クラブ経験しかありませんが、プレイ回数は結構あります。鞭、ビンタ、踏付け、吊り、針、煙草、蝋燭、そして屈辱的な扱い…、美しい女性から徹底的に陵辱されるようなプレイが好きなくせに、すぐにお許し下さいを連発するへタレMです。

 私にとってSMの世界は、目の前に横たわる深く果てのない流れに似ています。深みに足を取られ、ずるずると沈み込んでいくことが分かっていながら、何かに誘われ抗えずに足を踏み入れてしまうのです。

 クラブも幾つか渡り歩き、多くの女王様と出会いました。でも、最近は浮気性も治まって、相手をしていただく方もお二人ほどに落ち着いてきました。

 多くの方々が、ウェブの世界でSM嗜好の体験や物語を書いておられます。読ませていただくと心がウズウズして、すぐにクラブへ飛んで行きたくなります。私も、戯言、思いつき、妄想の類に過ぎませんが、ウェブで一種のカミングアウトをしてみたくなりました。

 お時間のある方はお付合い下さい。

 一応、18禁なので、そこのところもあわせて、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]




お出掛け用の下着出しておいて
 はい…お色は?
黒ね
 はい
彼がね、下着は黒に限るって…
 あ…
何…何か文句あるの?
 い、いいえ…
私が彼と楽しむのが気に入らないの?
 そ、そんな…
奴隷のくせに生意気じゃない……そうだ!…ついて来る?…一緒にお出で
 い、いいえ…それは…
私と彼とのミックスジュース飲ませてあげる
 ……
結合部をペロペロしてもらおうかなぁ…
 あぁ…女王様…どうか…
バカね…嘘にきまってるでしょ。楽しいデートにどうしてお前なんかを連れて行かなきゃなんないのよ
 うぅ…
出掛けてる間にバスルームきれいに洗っておくのよ
 はい
ちゃんとできてたら私の汚れた下着でオナニーさせてあげるわね
 う……
あら、お礼が聞こえないわねぇ
 あ、ありがとうございます…ありがとうございます…ありがとうございます………





先週 奈穂子 失敗したんだって?
 はい…
お前の球を打っちゃったって言ってたわ
 うぅ…そうです
痛かったでしょ
 は、はい…まだ少し…
でも 彼女 ドラコン取れなくて怒ってたわよ お前のせいだって
 そんな…
どう 怖い?
 はい…こ、怖い…です
ふふふ 私 失敗しないので…かな…
 はい…どうか…あぁ…お許し…

動くな!

 は、はい…

行くよ    あっ…

 あぅ! 痛っっっっ……!

お前がティーを勃起させておかないからこうなるのよ…バカねぇ
 あぁ…女王様ぁぁ……
ま 勃起しててもショートティーだけどね…あはは 




何震えてるの…私の腕を疑ってるの?
 いいえ…そ、そんな
じゃ、じっとしてなさいよ
 うぅ…
ドラコン狙って思いっきり打つからね
 あぁ…女王様…
お前、動いたら大変なことになるわよ
 どうか…お許し…
うるさいわねぇ
 じ…女王様…た…たすけて…助けて下さい…
私の腕を信じなさい

 うっ 痛っー!!

あら! 違うボールを打っちゃった…あはは…






今朝のお風呂ぬる過ぎたわよ
 あっ…申し訳ございません…
お仕置きするよ
 あぁ…はい…
それにこの紅茶、熱すぎる
 うぅ…
これもお仕置き… 
 あぁ…女王様…
粗相二つで一本鞭200発ね
 そ…そんな…
何が、そんな…よ。何度同じ失敗したら気が済むの
 も…申し訳ございません…
このブルウィップで打つからね
 ブ…ブルウィップ…あぁ…その鞭だけは…皮膚が裂けて…
身体で覚えないと何もできないでしょ
 ……
いったい、お前、何年私の奴隷やってるの?
 に…二年になります
二年もやってこれか…
 
売り飛ばされたい?
 あぁ…どうか…どうか…おそばに…
あぁそう…売られたくないの…私の奴隷でいたいの…だったら粗相をしないことね
 は…はい、女王様…二度と…
次はもうないわよ
 はい…
じゃ、裸になって、お仕置きまでそこで待ってなさい
 はい…




これなあに?
 じ、女王様の…お下着…です
そうねぇ、昨日私が脱いでお洗濯の籠に入れたやつよね
 はい
どうしてお前が持ってるの?
 
どうしてって聞いてるんだけど
 あ、洗おうと思って…
嘘つくんじゃないわよ 
 
私が外出から帰ってきたら慌てて隠したじゃない
 あぁ…
何してたの?
 な、何も…
正直に言った方が身のためよ
 
早く!
 に、匂いを…嗅ぎました…
私が脱いだ下着をクンクンしたの?
 は、はい…も、申し訳ございません…
それだけじゃないでしょ
 あぁ、少しだけ…舐め…舐めました
いやだ、この染みはお前の唾液なの?
 申し訳…
でも、この染み唾液だけじゃないわよ
 うぅ…
言ってごらん
 じ、自分で…穿きました…我慢汁で汚してしまいました…
お前、私の下着を身に着けたの? 無断で?
 あぁ…女王様…
お前のことだから穿いただけじゃないわよね 
 
言えないの?
 
じゃいいわ。懲罰室にお行きなさい。逆さに吊るして吐かせてやる
 あぁ、言います…オ…オナ…オナニーしました…
あらら、お前、奴隷の分際で女王様がお留守のあいだに、女王様の使用済みのパンティの匂いを嗅いで、ペロペロ舐めて、自分で穿いてオナニーしたんだ
 あぁ…女王様…申し訳…
やっぱり懲罰室行きね
 ど、どうか…お許しを…懲罰室だけは…
さっさと行って、一番痛い一本鞭と口枷を用意して待ってなさい
 お願いです…どうか…どうか…
早く行け! そうだ、焼鏝も使うから出しておきなさい
 や、焼鏝…あぁ…女王様…
御主人様の高価な下着をおかずになんて……罪の重さを思い知らせてやるからね
 ひぃぃ…女王様ぁ…
door-1.jpg



 日常で、リビングから自分の部屋へ行こうとすると、生活上のパートナーがTVを見ながら、「暑いしドア半分あけといて…」などと私に言うわけです。「扉を半開きにしておくこと」などよくあることですが、私は何かしら心ざわつき、昔を思い出したりして… 

 夢楽園…

「ドア半分開けておくわよ…いいわね!」 
「は、はい…」
 で始まることの多かったプレイ
 覗かれてもいい、乱入されてもいい、場合によっては絡まされてもいい…の意思表示

 ふた昔ほど前…初めて夢楽園に行った日…

 受付を済ませて指定の部屋へ行こうとエレベータを降りれば薄暗い廊下。左右に二部屋ずつ四部屋のプレイルーム。左手前の部屋のドアが半分開いていて(…その時は初心なもので、閉め忘れかと…)、中からは女王様の罵倒、M男性の悲鳴と許しを請う哀れな声、連打される鞭の音、呻き声と女王様の高笑い…

 それまでホテルでのプレイしか経験のなかった私には大変な刺激でした。(ちょっとえらいところへ来てしまったかな…)と思いつつも、いたく興奮している自分も存在してました。

「ドアが開いてるってことは…これこれこういう…(中略)…で、無理やりはしないから」
「そうなんですね」

 その日お相手して下さった女王様(ネネ女王様…そう、初夢楽園はネネさんでした…懐かしい)に聞かされてほっとしたことを憶えています。 まあ、しかしながら、何と言うか…殆どのプレイをドアオープンでやり始めるのに時間はかかりませんでしたが…あはは
  

ドアオープンで記憶に残っているプレイ…お時間のある方はどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。